バイオフラボノイド

バイオフラボノイド、すなわちフラボノイドはパセリや豆類、緑茶、各種のハーブ、すべてのベリ一類、リンゴ、梨、桃、トマト、ブドウ、ブラム、キャベツ等と、さまざまな果物や野菜に色と健康効果を与える色素です。このバイオフラボノイドは、アレルゲンやウイルス、発癌性化合物などの物質によって生じる身体の様々な反応に変化させる可能性があることが知られています。そのため天然の生物反応修飾物質であると言えるでしょう。この修飾物質には抗アレルギーの作用をはじめとし、抗炎症作用や抗ウイルス作用、更には抗癌作用があると考えられています。フリーラジカルによるペットに対するさまざまな傷害への対抗策としての強力な抗酸化物質として機能することでしょう。

バイオフラボノイドには複数の種類があります。代表的なものは、「ブレド二ゾロフロアントシアニジン(ブドウ種子および松樹皮抽出物)」「ケルセチン」「かんきつ類バイオフラポノイド」「緑茶ポリフェノール(緑茶と紅茶)」です。

医療機関などにおいては、バイオフラボノイドはプレドニゾロンなどの、「副腎皮質ステロイド薬」による治療を行うときに、皮膚が薄くならないようにするのに用いられます。他にも、糖尿病性白内障やアレルギ一反応、更には感染症の治療などにも用いられることがあります。他にも、関節炎などの変性性疾患の進行を遅らせる効果が期待されているため、非常に強い抗酸化サブリメン卜として使用されることも有るようです。フラボノイドの自体の毒性は極めて低いことが知られているので、安心して利用ができると考えられており、さまざま医療機関で使用されているように思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です