犬用サプリメントの飲ませ方

突然、生活にサプリメントを取り入れようと思っても、慣れていない犬にとっては非常にストレスと言えるのではないでしょうか。
犬にサプリメントを嫌がらずに飲んでもらうポイントとしては、可能な限り小さい頃から「口の中に手を入れる」ということを慣らしておくことでしょう。

それに慣れていると、手に持ってサプリメントを飲ませる事が可能となるため、あらゆる形状のサプリメントを用いる事が可能となるのではないでしょうか。

また、小さい頃からでなかったとしても、加齢に連れてサプリメントや薬の飲用が増える事が予想されるため、錠剤、カプセル、粉薬などの飲ませ方を知っておくことは大切と言えるのではないでしょうか。

錠剤やカプセルといった場合には、片方の手で犬の顎を持ち、もう片方の手で口を開けさせます。
このとき、唇で上の歯を包み込む形で抑えましょう。
これは、嫌がって噛もうとすると自分の唇を噛んでしまうことになるので、おとなしく口を聞けてもらえるという仕組みからです。
次に、口の奥(出来るだけ舌の奥の方)に錠剤やカプセルを置き、すぐ口を閉じ、鼻先を上に向けましょう。
そのあと、飲みやすくするために、のどをやさしくなでましょう。

犬用サプリメント慣れないうちは、犬の好きな食べ物に包むという方法も織り交ぜると良いでしょう。

また、液体の場合は、液体のサプリメントをスポイトや、針のない注射器に吸い込ませ、片手で鼻先を持ち、持ち上げるように押さえましょう。
もう一方の手にサプリメントを持ち、口の協の唇をまくり上げ、犬歯の後ろの隙聞からゆっくりと流し入れると良いでしょう。
その後、しばらく鼻先を軽く持ち上げて、飲み込むのを待ちましょう。

粉状の場合は、食事の上にふりかけたり、水に溶かしたり、バターなどに練りこんで、口の中に塗りつけるといった方法が挙げられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です